DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

貸金業法

貸金業法とは、クレジットカード会社や消費者金融、カードローンなどの貸金業者を対象にした法律です。

この法律により、過剰な貸し付け・狩りすぎの防止や金利の適正化、ヤミ金業者に対する対策が定めされています。

 

2010年にこの法律が改正されました。改正される以前は複数の貸金業者からの借りすぎで多重債務者が増加傾向にありました。しかし、この貸金業法を改正したことにより、総量規制や上限金利などを設けて多重債務問題の解決と資金需要者等の利益の保護を図っています。