建築業界にファクタリングが支持されるワケ
【10/31までのキャンペーン】 建築業界の方であれば、 手数料を相場よりお安くご案内中!

- ファクタリングと建築業界の相性の良さとは -

利用される40%は建築業界の方々です

建築業は、材料費・機材費・人件費が多くかさむことや、予期せぬ売掛金の支払いの遅れなどもあり、キャッシュフローに支障をきたしやすい業種のひとつです。

 

大きい金額の調達を必要とする場面も多く、資金繰りに頭を悩ませている方も少なくないはず。早期に資金調達ができるビジネスローンを筆頭とする、消費者金融に頼ることも多いかと思います。

ですが、資金調達の方法として、建築業とファクタリングの相性は非常によく、一時的に利用することでキャッシュフローの改善が見込まれます。

この記事では、ファクタリングを利用するにあたって、最大限活用できるように解説していきます。

 


 

目次:

 

 

 

 

建設業とファクタリングの相性の良さとは

ファクタリング即日で資金化できると謳っている理由は、売掛債権の売買契約ということにあります。

 

例えば、必要なくなった本を古本屋の店頭で売却する場合、古本屋ではその場で買い取りをしてくれますよね?極端な話ではありますが、ファクタリングも同様に売掛債権の売却になるため、即日で現金化がしやすい資金調達方法になるというわけです。

特に建築業界では、急に資金が必要になることも少なくありません。機材の故障であったり、追加で材料が必要になったけれど資金が少し足りない、外注を増やさなければいけなくなった、などといったように、高額の資金調達が必要になる場合もあります。建築業界は掛け取引が多い傾向にあります。そのため、資金繰りが厳しくなってしまう、ということも大いにあるのです。

 掛け取引とは

 

もちろん、本の査定があるように、売掛債権を売却すると簡単にいっても古本屋の査定のような売掛債権の査定、つまり、審査が入ります。請求書や、振込み履歴のわかる通帳、台帳などの審査を経て、売掛金の回収が見込めるとファクタリング会社が判断すれば、買い取りの流れとなります。

 

素早く資金調達ができるため、突発的な仕事の依頼にも対応することで新規の受注につなげる、といった柔軟な立ち回りも可能にします。

申し込みから入金までのスピードが早いのがファクタリングの特徴です。

 

  • 融資と違って負債にならない

融資では現金預金が増える代わりに、借入金として負債が発生します。一方で、ファクタリングでは売掛債権の売却になるため、資産の売却取引になります。業者の資産を売却したのと同じような行為であり、融資や借入とは異なります。

ファクタリングでの資金調達は信用情報に借金残高として加算されません。自分の持つ本を古本屋に売却しても借金にならないのと同様です。

負債にならないことのメリットは、経営状況が安定している、とみなされることです。大きな金額が必要な建築業においては、融資までの繋ぎなど一時的な資金不足を補うには非常に利便性が高いと評価されています。

 

 

  • 返済能力は問われない

銀行や公的機関の融資、また、ノンバンクのビジネスローンでは、審査をするにあたって、支払い能力があるかどうかを審査します。例えば、支払い状況を確認し、延滞や自己破産を過去にしていないか。借金残高はどれくらいあるのか、返済が滞っていないかなどの信用情報に基づいて融資ができるかできないかを判断します。

 

ファクタリングは、売掛債権の売買です。古本屋で本を売る際も、信用情報に関わらず本の買い取りを行うように、ファクタリングも売掛先の信用度を重視して買い取りをします。例え、債務超過や赤字決算の経営状況でも、ファクタリングは利用可能です。

 

 

  • 継続的な受注が多いために、審査に通りやすい

建築業で長期的な工期の契約の場合、継続的に毎月入金があれば、よりファクタリング審査は通りやすいものになります。

 

審査では一時的・突発的に発生した債権よりも、長期的に継続して取引実績のある売掛先の債権であれば、回収ができる可能性が高いとみなされます。建築業ではこういった長期的に取り引きをしている業者も多いため、他業種に比べて審査に通りやすいといえるでしょう。

建設業におけるファクタリングの活用方法

  • 売掛の金額によっては高額の調達も可能

ファクタリングでは、売掛債権の額によっては高額の資金調達もできます。

 

ファクタリングは売掛債権の額面以上の資金調達は基本的にできません。売掛債権の額から掛け目と手数料の分も差し引かれ、額面丁度の現金化が難しいです。ですが、売掛債権の額が高ければ融資よりも早く、高額の資金調達が可能になります。

見積もりの時点で債権の買い取り金額が想定よりも低かった場合は一つの債権だけではなく、複数の債権を売却することで賄うことも一つの方法として考えられます。

 

 

  • 売掛金が回収できないリスク回避のための利用法

もし、売掛先が倒産してしまったら、高額の売掛金が回収不可能になってしまったら…、一度は考えたことはありませんか?

売掛先の経営状況が心配、新規に契約し始めたばかりでしっかりと入金がされるか不安がある、といった場合にもファクタリングは活用できます。

 

最近のファクタリング会社は、ノンリコース(償還請求権なし)が主流となっています。ノンリコースの契約の場合、売掛先が倒産しても、ファクタリング会社は利用者に譲渡代金請求ができません。つまり、売掛先が倒産してしまった場合、ファクタリング会社に売掛金の支払いはする必要がないということ。

 

ファクタリングには保証ファクタリングというものもあり、回収に不安のある売掛債権に保険をかけることもできます。確実に回収するために保険をかけ、万が一に備えるという経営者も増えています。

→ 保証ファクタリングとは

 

建築業で資金繰りが悪化しやすい原因とは

  • 入金よりも先に支払いが多ければ、キャッシュフローは悪循環になる

建設業を営んでいる方の悩みとして、完成しなければ代金が支払われない工事がある、ということはありませんか?建築業は後払いの契約が珍しくなく、上手く資金が回らないということもあり得ます。

 

着工金や中間金が支払われない場合、その分の費用の立て替えをしなければいけません。しかも、工事には材料費だけでなく、固定経費、人件費、外注費などの費用もかさみます。工事が終わるまで入金がなければ、支出が増えていく一方で手元の現金が徐々に枯渇していく。工期が長ければ長い程、資金繰りは厳しくなってしまいます。

 

建築業界は支出は早く、回収は遅く、という形態でのフローが多いため、資金繰りが厳しくなりやすい傾向にあります。

キャッシュフロー
 
  • 貸し倒れが起きる割合が、他の業種に比べて多い

元請けが倒産してしまい、売掛金の回収ができなくなるというリスクが他の業種より建築業は多くあります。

完工後の支払いになれば、売掛金の回収までの期間が長いために、下請けに売掛金が支払わぬまま元請けが倒産してしまうといったことも。最悪の場合、売掛金の回収ができないために下請けの建築業者も倒産という連鎖が生まれてしまうケースも考えられます。

 

まとめ

掛け取引が多い建築業とファクタリングの相性は非常によく、急に高額の資金調達をしなければいけなくなった時にも、売掛債権があれば資金が調達できるということから非常に利便性に優れています。

 

また、今後融資を受ける時にも、ファクタリング利用額分は負債を負っていない状態での審査を受けることができます。一時的な資金調達ではなく、今後長期的な融資を受けることを考えているならば、資金ショートする前にファクタリングの利用をおすすめします。

お気軽にお電話でもご相談ください
03-3834-2011 03-3834-2011
受付時間:9:00~19:00
※お問い合わせは365日24時間対応
Access

出張契約・郵送契約可能。日本全国の企業様・個人事業主様からご相談いただいています。

概要

会社名 株式会社オッティ
住所 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号 03-3834-2011
営業時間 9:00~19:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
※ お問い合わせに関しては、
365日、24時間対応
最寄り 上野駅より徒歩4分
LINE 友だち追加
LINEからもお気軽にお問い合わせください。

アクセス

日本有数のターミナルであるJR上野駅から徒歩4分といった好立地にオフィスを構えています。

建設を中心に運送、IT分野等の会社を営む方からのご相談が多く、個人事業主の方が即日で資金化した実績は月間34件以上。
書類のやり取りを郵送にて行うことで全国各地への対応を実現し、急ぎであれば出張にて即日の契約・入金も可能。
まずは気軽にお問い合わせいただくのがおすすめです。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事