ファクタリング会社乗り換えのタイミング・メリットとは?

今ご利用中のファクタリング会社からの乗り換えを考えていますか?

 

「リピート利用しているのに手数料がなかなか下がらない…」「必要な金額以下の買い取り価格を提案された。」「3社間ファクタリングでないと対応してくれなかった。」

毎回、希望通りに要望が通らないと感じ始めたら、他のファクタリング会社の乗り換えも考え始めるでしょう。

 

今回、当記事ではファクタリング会社の乗り換えを考え始めた方に向け、メリット・デメリット、乗り換えのタイミングなどを紹介いたします。

 


 

目次:

 

ファクタリング会社の乗り換えをおすすめする理由

 

乗り換えた場合のメリット・デメリット

 

乗り換えを考えた時がベストタイミング

ファクタリング会社の乗り換えをおすすめする理由

利用中のファクタリング会社から乗り換えを検討しているのであれば、他のファクタリング会社にも問い合わせてみることをおすすめします。

なぜなら、他のファクタリング会社と見比べることにより、今現在利用中のファクタリング会社のメリットやデメリットの見直しができることや、他の会社へ乗り換えたほうが良い場合もあるからです。

 

では、実際に乗り換えを考えた時、ファクタリングサービスにおいて優先される項目はなんでしょうか。

オッティで乗り換えの相談を受ける時の理由として、手数料が高い、審査が遅い、個人事業主はNGと言われた、などが多い傾向にあるように感じます。

 

しかしながら、ファクタリング会社を乗り換えるには様々な準備が必要です。

少しでも条件良く乗り換えるために、

 

  • 乗り換えのメリット・デメリットの把握
  • 乗り換える時のタイミング

 

上記の二点をあらかじめ把握しておくことで、より条件良く、スムーズに資金化が可能になると思われます。

 

新しいファクタリング会社と契約したけれど、思っていたのと違った…、なんてことにならないためにも、ポイントを押さえておくことをおすすめします。

乗り換えた場合のメリット・デメリット

そもそも、なぜメリットとデメリットを知っておく必要があるのでしょうか。

それは、メリット面を利用して、有利な交渉を乗り換える先のファクタリング会社とできると考えられるからです。また、デメリットも知っておくことで、実際乗り換えしたときに想像との「相違」を軽減することもできるでしょう。

 

関連記事:ファクタリングの仕組みをおさらいしたい方はこちら

 

 

  • メリット

 

■ 利用実績があるため、審査などの面で優遇される場合がある。

実際にファクタリングを利用し、支払いを済ませたという実績があるということは、売掛先(取引先)の信用度が保証されているというように捉えられます。(※買取希望の売掛先が変わらない場合)

また、非常に大きなポイントとして、ファクタリング会社の申込者(利用者)の信用度も非常に高いものと評価されやすいです。

 

ファクタリング会社で数ヶ月に渡っての利用実績があれば、ファクタリング会社は安定した売掛先(取引先)を持っており、安定した回収を行える利用者と判断されます。

よって、審査に通りやすく、初めて利用した時よりも優遇される可能性があります。

 

 

手数料を下げて案内される場合がある。

上記で話したように、オッティへの乗り換えの問い合わせでは、手数料の交渉も多くあります。

1%でも手数料は低いほうがいいですよね?

利用実績がある場合、優良顧客とみなされて、相場より手数料が安くても契約したい、というファクタリング会社もあります。

 

例えば、100万円の売掛債権をファクタリングで売買取引したとします。

 

手数料が20%ファクタリング会社であれば、

100万円 × 20% = 20万円が手数料となります。

ですので、現金化される金額は80万円になります。

 

一方で、手数料が12%ファクタリング会社で売買契約をしたとすると、

100万円 × 12% = 12万円の手数料に下がります。

現金化される金額が88万円となり、一ヶ月で8万円の差が出てきます。

 

もし、20%のファクタリング会社で数ヶ月利用をしていたとすれば、その差は非常に大きいものになることがわかるかと思います。


ファクタリング会社に見積もり・問い合わせをする時は、実際に利用した時の手数料も伝えましょう。その手数料以下で案内される場合も少なくありません。

 

 

  • デメリット

 

■ 複数社で見積もりを取る場合、時間がかかる。

ファクタリング会社へ問い合わせし、書類を提出して審査・見積もりをしてもらう…。この流れは一般的にどのファクタリング会社でも変わりません。

複数社に見積もりを依頼すれば、それだけの手間・時間がかかってしまいます。急ぎで資金が必要な場合には、複数社見比べながらの乗り換えは向いていないでしょう。

 

しかし、他ファクタリング会社への乗り換えを考えた場合、複数社に問い合わせ・見積もり依頼することをおすすめします。

なぜなら、希望に沿ったファクタリングサービス・接客を行っているファクタリング会社を見つける手助けになるからです。

 

ファクタリング会社はそれぞれに特徴があります。例えば、オッティであれば、2社間・3社間ファクタリング対応、出張・郵送契約での対応即日資金化可能、手数料は5%~などといった特徴です。

電話対応の良さ、レスポンスの早さ、手数料や契約方法を見比べながらファクタリング会社を探しましょう。

 

 

■ 新しいファクタリング会社との関係を一から築く必要がある。

実際に乗り換えた後の話になります。前に利用していたファクタリング会社では実績が多数ある場合でも、新規に契約したファクタリング会社には実績がありません。

そのため、前のファクタリング会社では通った要望でも、新しく契約したファクタリング会社では要望が通らない可能性もあります。

 

また、ファクタリング会社によっては、サービス内容が異なる場合があります。例えば、出張契約対応のみで郵送契約対応はしていない、債権譲渡登記が必須だった、など。

ファクタリング会社に申し込みをする時に、手数料だけではなく、少し面倒かもしれませんが、しっかりとサービス内容も確認することをおすすめします。

乗り換えを考えた時がベストタイミング

ファクタリングを利用していて、下記のようなことを考えた経験はあるでしょうか。

 

  • 手続き・審査に時間がかかる。
  • 希望買い取り額よりも低い。
  • 手数料がだんだんと負担になってきた。

 

ほんの一例ですが、ファクタリングだけではなく、資金調達をする中で多い悩みだと思います。

それでは、なぜこれらを考えた時が乗り換えるタイミングなのでしょうか。

 

 

■ 手続き・審査に時間がかかると感じた時

資金調達の中においても、ファクタリングは資金化までの早さを売りにしています。支払いまでの期限が迫る中で、手続き・審査に時間がかかってしまってはファクタリングを利用する意味も半減してしまうでしょう。

 

ファクタリング会社によって、入金までの期間は異なります。何度か利用された方なら知っていることかもしれませんが、一般的なファクタリング会社では、契約を交わすのに面談が必要な場合があること。契約時にあらかじめ準備する書類が公的機関で発行が必要なものがあるなど、審査後に更に時間が必要なことも事実です。

 

契約時に必要な書類の準備にも時間がかかります。その前段階の審査待ちの時間が長ければ長い程、書類の準備も遅れ、スムーズとは言いにくい契約になってしまいます。

 

ファクタリングを利用していて、入金までに思ったより時間がかかると感じたことがあれば、他のファクタリング会社に問い合わせるのもいいかもしれません。

実際、オッティでも入金までどれくらいかかるか、などといった質問を受けることがあります。もし、他のファクタリング会社と比べてみて入金までの期間ががあまりにもかかっているのであれば、乗り換え理由の一つになるでしょう。

 

 

■ 買い取り額が想定より低かった時

ファクタリングには掛け目というものがあります。一般的にファクタリングでは、全ての売掛債権が満額資金化・現金化できるものではありません。

【売掛債権の額面 = 買い取り金額の上限】にならないため、希望額より低い金額が提示されることもあります。

 

例えば、100万円の売掛債権があったとします。

 

A社(利用中のファクタリング会社)では80%の掛け目での買い取りになった場合、

100万円 × 80% = 80万円 が買い取り対象となります。

 

B社(他のファクタリング会社)では90%の掛け目での買い取りになった場合、

100万円 × 90% = 90万円 が買い取り対象となります。

 

その金額から手数料を引いた金額が現金化される、という仕組みです。

 

では、同じ手数料であればどちらの方がいいでしょうか。

ここではわかりやすいように、手数料10%で計算してみます。

 

A社では買い取り金額の上限80万円 × 手数料10% = 8万円が引かれることになり、現金化される金額は72万円です。

 

B社では買い取り金額の上限90万円 × 手数料10% = 9万円が引かれることになり、現金化される金額は81万円です。

 

つまり、手数料が同じでも、入金される金額は掛け目の違いによって9万円も差がでてきます。

もちろん、70万円前後の資金が必要な場合は、現時点で乗り換える必要はないかもしれません。ですが、機会があれば一度他のファクタリング会社と見比べてみることもおすすめします。

ファクタリング会社を見比べることで、思わぬところで手元の資金が増えた、などということも少なくありません。

 

関連記事:ファクタリングで聞く掛け目とは

 

 

手数料が負担に感じてきた時

これも、他社と見比べなければわからない点です。

上記で話したように、利用中のファクタリング会社よりも1%でも低い手数料で案内されれば、それだけ手元の現金が増えることになります。

一般的なファクタリング会社は見積もりを無料で行っています。まだ未売却の売掛債権があるのなら、数社で見積もりを取ってみるのはどうでしょうか。手数料だけでなく、回答の早さや担当の人柄なども評価して、乗り換え先を考えていきましょう。

まとめ

ファクタリング会社は現在利用中のファクタリング会社だけではありません。

ファクタリング会社にはそれぞれ特徴があり、もしかしたら今利用中のファクタリング会社よりも好条件の会社もあるかもしれません。

 

ファクタリングは非常に早い資金化を望めます。

しかしながら、現在利用しているファクタリング会社と他の会社を見比べたい、乗り換えしようかな、と少しでも考えているのであれば、その時がベストタイミングだと考えます。少しでも早く動くことで、複数社での見比べも時間に余裕をもって動くことができるからです。

 

一刻も早い資金を望む方にとっては、見比べる時間も惜しいかもしれません。ですが、手数料一つをとっても、数回利用しただけで大きな差が生まれてきます。少しでも不満を感じることがあれば、早めの行動をすることを強くおすすめします。

お気軽にお電話でもご相談ください
03-3834-2011 03-3834-2011
受付時間:9:00~19:00
Access

出張契約・郵送契約可能。日本全国の企業様・個人事業主様からご相談いただいています。

概要

会社名 株式会社オッティ
住所 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号 03-3834-2011
営業時間 9:00~19:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
※ お問い合わせに関しては、
365日、24時間対応
最寄り 上野駅より徒歩4分
LINE 友だち追加
LINEからもお気軽にお問い合わせください。

アクセス

日本有数のターミナルであるJR上野駅から徒歩4分といった好立地にオフィスを構えています。

建設を中心に運送、IT分野等の会社を営む方からのご相談が多く、個人事業主の方が即日で資金化した実績は月間34件以上。
書類のやり取りを郵送にて行うことで全国各地への対応を実現し、急ぎであれば出張にて即日の契約・入金も可能。
まずは気軽にお問い合わせいただくのがおすすめです。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事